Photo Exhibition - solo six -
一井りょう、小野雄司、佐々木友一、鮫島亜希子、枦木功、原田宗孝

22 Nov - 1 Dec 2013
Mon - Fri 12:00-21:00 Sat & Sun 12:00-19:00
"Opening Reception"
Friday, 22 November  18:00-21:00

在廊状況等はこちらよりご覧ください
facebook


6人の作家による初の写真展 「solo six」
個々のルーツを表したインスタントフィルムは、本展の大判プリントへと展開していきます。
それぞれが見せる6つの視界、そして6人の交差点。

Six visions. Six intersections.
At Yellow Cube, we will hold a photo exhibition of six photographers who have come together at "solo six".
There will be no common theme and each will develop one by showing wide-format printing.
The instant film which has become an image visualization, represents the source of these works.
Please see how the works will emerge from here, and how the works of six will intersect in one space.

The shape of months spent with given flowers_ Ryo Ichii
Infinitely changing expressions_ Yuji Ono
Kyouka-suigetsu(鏡花水月)_ Tomokazu Sasaki
Mother Ocean. Goddess River. Comforting like a blending soda float_ Akiko Sameshima
Cutting out a fragment of a never ending flow_ Isao Hashinoki
..and stepping into the murmurs of the forest_ Munetaka Harada


Ryo Ichii
1970年広島県生まれ
野波浩氏の助手を務め独立
2008年東京に拠点を移し国内外で活動
Photo Books
「THE VEINS」(2006)「RASPOSO」(2010)

http://zotphoto.com

Solo Exhibitions
2005 ROAD PICTURE ONE, lejon, Osaka
2006 THE VEINS, Gallery Athens Arts, Osaka
2007 THE VEINS, WALL, Tokyo
2010 RASPOSO, Gallery Athens Arts, Osaka
2012 RASPOSO, IOSSELLIANI, Tokyo

Munetaka Harada
1979年東京生まれ
川口賢典氏に師事し2006年独立
2001年 個展「Japanese now」銀座ニコンサロン
清里フォトアートミュージアム所蔵

www.munetakaharada.com


Isao Hashinoki
1980年福岡県生まれ
九州産業大学芸術学部卒業
2004年より奥村恵子氏に師事し2007年独立

http://isao-photo.com



Akiko Sameshima
1978年東京生まれ
幼少期をインドネシアで過ごす
日本大学芸術学部写真学科卒業、藤代冥砂氏に師事し2006年独立

Exhibition
2008年 A View From 35°02N/135° 47E, PRINZ,Kyoto
2010年 FROM LEFT to RIFHT, epsite gallery,Tokyo

www.akikosameshima.com

Tomokazu Sasaki
1980年宮城県生まれ
広告プロダクションを経て2011年独立
同年「Out Of Sight」展開催

http://sasakitomokazu.com





Yuji Ono
1979年神奈川生まれ
大学在学中より独学で写真を学びフリーランスとして活動
池谷友秀氏に師事し2006年独立

http://yujiono.com







Sculpted Words - Sculpted Figures
The Graphite Drawings of Mayuko Ono Gray and Mark Greenwalt

facebook

Exhibition Period: 15 - 28 June 2013
Opening Hours: Tue - Fri 12:00-21:00  Sat & Sun 12:00-19:00
Closed on Mondays

Sat June 15
Artists Talk 14:00-15:00
*トークは満席となりました。ご参加ありがとうございました。
Opening Reception 15:00-19:00

アーティストトークのナビゲーターにArt Allianceの宮本由紀さんをお迎えいたします。
初日および、28日(金)18時より両アーティストが来日&在廊いたしますのでぜひお越し下さい。

" Sculpted Words - Sculpted Figures "
グリーンワォルトのまるで彫刻のように描写された人像は、不明瞭な背景にそれぞれ孤立し浮かんでいるようである。
それに比べ、ことわざにインスピレーションを基づくオノのカリグラフィーは刻まれた網のようにダイナミックに濃密
に絡み合い、そのため書かれた言葉をほとんど覆い隠している。オノが作品に使う言葉(文章内の一部分)は唯一本の繋
がった線へとつながっているが、グリーンワォルトの作品内の人像(共同社会の一部分)はまるで昆虫コレクションの標
本のように離れ離れに存在している。
オノの言葉の選択のテーマは、愛、彼女の個人的な奮闘、海外在住日本人としての経験、人生感などに基づく。
グリーンワォルトの生気に満ちた肖像は創造的であり、科学的文明の進んだ我々の人間性や全ての世代が避けることの
できない物理的な身体の腐朽、そしてそれが精神と叡智の成長によって救われることを言及する。

両アーティストが使用したグラファイト(黒鉛)。四種類ある純正炭素の一種としてグラファイトは元素永続、よって永
遠を意味する。 それに反し描写の過程は数多くの仮定なグラファイトのアレンジの過程を含み、その一時的に現れては
消えゆく多数のイメージは、この束の間の文化、そしてその中で生きる我々すべての短命さを暗示する。


Mark Greenwalt and Mayuko Ono teach drawing at College of the Mainland in Texas City,Texas, and exhibit
their works at Hooks-Epstein Gallery in Houston, Texas, USA. Last summer, they collaborated on a mural,
"The Evolution of Language" for the School of Languages at the University in Oaxaca, Mexico.
While Greenwalt's sculpturally rendered figures appear to float in quite isolation within a disarticulated
pictorial space, Ono's proverb inspired calligraphy intertwine to form a dynamic sculptural web almost
concealing the original text within her densely interconnected masses. Both artists are engaged in a process
of continuously evolving visual thought, forming, deforming and reforming imagery until Culture (in Ono's case)
and Nature (in Greenwalt's case) transcend andre-shape ordinary expectations. Ono's Words (words normally
separated in texts) are compressed into a singular dense cluster while Greenwalt's figures (persons normally
contextualized within living communities) are treated as dislocated specimens in an insect collection.
While Ono's literary content reference a personal landscape of love, struggle, and philosophy of living
in a foreign land, Greenwalt's animated effigies reference our creative, scientifically enlightened humanity,
doomed like all generations to inevitable physical decay - rescued by growth, in spirit and wisdom.
Both artists explore their ideas via the medium of graphite.
Representing one of the four pure forms of carbon, graphite expresses elemental permanency.
By contrast, traditional drawing processes suggest ephemerality through the temporal arrangement
of graphite dust on surfaces executed by brief lives operating within fleeting cultures.


マーク・グリーンワォルト / Mark Greenwalt  www.markgreenwalt.com

1961年テキサス州ダラスに生まれる。ダラス科学美術館にて生物学専攻。後にステファン F. オースティン大学にて
美術を専攻するが、生物学への興味は絶えず作品に影響を与えテーマとなり続ける。美術学士号、文学修士号修得後、
プラットインスティテュート(NY)にて美術修士号修得。7年のニューヨーク住在中、コロンビア大学医学部教授サル・
モンタナのアシスタントを務める。またプリントメーカーとしてフランク・ステラ、ロバート・マザーウェール等の
版画を作成。1995年テキサスに戻り、ヒューストン大学、グラッセル美術学校、ライス大学にて講師を歴任。
2000年より現在までカレッジ・オブ・ザ・メインランドにて常務講師を務める。
2010年より毎夏メキシコ・オアハカにて美術を教えると共に、メキシコの神話や歴史の研究を遂行。
Hooks-Epstein Galleries所属、数多くのコレクターを魅了している。


マユコ・オノ・グレイ / Mayuko Ono Gray  www.mayukoonogray.com

岐阜県出身。テキサス州ガルベストン住在。
幼少より書道を習いその後デッサンを習得。グラファイトをメインの画材とする。
高校卒業後アメリカへと渡り、2007年ヒューストン大学大学院にてMFA(Master of Fine Arts)を取得。
現在はテキサスのカレッジ・オブ・ザ・メインランドにて臨時美術講師、画廊ディレクターとして務める。
Hooks-Epstein Galleries(Houston)、Galeria 910(Mexico)に所属。




Japonisme Crossing Over
Virginie Truchot & Haru Komoda

Exhibition Period: 11 - 30 Nov 2011
Opening Hours: Mon - Fri 12:00-21:00  Sat & Wed.23ed 12:00-19:00
Closed: Sunday

Opening Reception
Fri 11th November 18:00 - 22:00
Please join us for our opening reception!




facebook



" Japonisme Crossing Over "
ヴィルジニー・トゥルショーと菰田晴による2人展。"No Man's Land" (フランス大使館) にて好評を博した
ヴィルジニーの新作。在日4年目を迎え、日本からのインスピレーションを表した初の展覧会となる。
生け花を自己翻訳したバラの"bouquet"。力士を平面で構成した"sumo"と日本人が特異に愛でる"sakura"は、
彼女が春に訪れる靖国神社奉納相撲での力士たちの迫力とその背景に儚く揺らぐ桜の衝撃的なコンストラストから
生まれた。そして菰田晴は、日本固有の"春画"や"キャラクター"を昇華し西洋の要素と融合した作品を発表する。
19世紀後期フランスを中心に広まったジャポニスムに対し、西洋画/文化を急速に取り入れた日本。
時代は流れ全く異なる表現法とバックグラウンドを持つ2人の交差点。独創的な世界が現代の"Japonisme"を現す。

After 4 years of various artwork in Tokyo, Virginie now turns towards Japanese culture through
strong influence and passion. Her first exhibit will be her very own unique “IKEBANA” style.
This will consist of a rose “bouquet” made as a clay model. Following on from that her next
piece of artwork was driven by inspiration from “Yasukuni Jinja Hounou Sumo”. “Yasukuni Jinja
Hounou Sumo” is a large shrine that contains an arena where events are held all year round.
She used to visit this shrine ever spring to watch sumo wrestling matches. Due to the season
sakura (cherry blossom) can be seen culminating around the shrine, and it is here that the
combination of the brute force and intensity of the sumo wrestlers combined with the gentle
and peaceful cherry blossom around the shrine gave Virginie the inspiration for her “sumo”
artwork. Haru Komoda will be exhibiting “Shunga”(erotic form of Edo period colour prints which
generally express everyday life in Japan). He will also present his own original cultural
“Characters” with contain influence from Europe as another segment of his artwork. Those two
artists have completely different sources of inspiration as well as different methods of expression.
And now their unique Japonisme visions are brought to reality for the world to see.


ヴィルジニー・トゥルショー / Virginie Truchot  www.artemiss-contemporary.com

フランス人彫刻家。常に美に情熱を傾ける彼女のキャリアはニナリッチから始まる。
8年間の華やかなパリ生活からロンドンに移りアート活動を本格的に開始。
2000年に香港へ渡るまで、創造への欲求に押されロンドンスタジオにて独学で粘土細工を学び続けた。
そして香港での初の展覧会では彼女の熟練した技と情熱が彫刻家としての評価をもたらす。
2007年より東京に在住。今回の展示作品から日本の類のない文化の痕跡がゆっくりと見えてくるだろう。

French sculptor Virginie Truchot has always been passionate about aesthetic, beauty and
quality which brought her to start her career with beautiful brand Nina Ricci.
After 8 year’s of Parisian glamorous life, Virginie moved to London where her art period
started in full swing. Pushed by her creative impulse she studied clay modeling in a London
studio before moving to Hong Kong in 2000. Her skill full hands and her passion for the
sensuality of the clay naturally brought her to gain notoriety as a sculptor artist in
Hong Kong where she first exhibited. Virginie works using clay, papier-mâché or plaster
to create her sculptures, which are then casted into bronze. Since moving to Tokyo in
2007, she has also been teaching clay modeling. Japan’s unique culture imprint is
exhibited through all her new work.


菰田 晴 / Haru Komoda  http://haru-komoda.com

1979 Born in Hiroshima, Japan
Lives and works in Tokyo

[Group Exhibitions]
2011 "Very Fun Park 2011", Taipei, Taiwan
2010 "YOUNG ARTISTS JAPAN VOL.3", Tokyo, Japan
2010 "GEISAI#14", Tokyo, Japan
2009 "YOUNG ARTISTS JAPAN VOL.2", Tokyo, Japan




Group Exhibition
CHRISTOPHE JACROT- STUART REDLER- VIRGINIE TRUCHOT

Yellow Cube & Artemiss Contemporary are delighted to invite you to
Photography and Sculpture Group Exhibition

From 17th June to 14th July 2011
Mon - Fri 12:00-20:00




CHRISTOPHE JACROT
パリ在住のクリストフ・ジャクロは『雨の中のパリ』
(原題:Paris sous la Pluie/2008年) よりフォトグラファーとしての
活動をスタート。この作品の成功に続いて、雨の中の香港や雨の中の
ニューヨークでも撮影を行う。フォトグラファー以外にも2000年に
公開された『Prison a domicile』など数本の映画の監督も手がけている。

www.christophejacrot.com

VIRGINIE TRUCHOT
フランス生まれ。フランスのオートクチュール企業にて9年の経験後、
ロンドンにて粘土細工を開始する。その後、香港に活動拠点を移し現在は東京に在住。
ヴィルジニーの作品は、絶えず彼女が魅了されインスピレーションの素となる魔法の
ようで神秘的なアフリカ大陸の精神とエネルギーの具現化である。
驚くべき国の類のない文化の発見から、彼女に湧き起こった感性を様々な媒体を通して
伝えようと試みている。2010年『No Man’s Land』(フランス大使館)に出展。
www.artemiss-contemporary/virginie-truchot

STUART REDLER
ロンドン在住。広告キャンペーン分野で写真家としての経歴をスタートさせ、現在ではファインアートを専門とする。スチュアート
は遠く離れた場所や文化への興味を持ち、その結果として、建築、 人々、自然を写した独特な写真作品がつくられるようになった。
予期せぬ題材や、ときにユーモア にあふれた題材、それらと強い白黒の対比や強い光との組み合わせは、作品に激しさと特有の
スタイルを与えている。 彼は多くの賞を得ており、中でも英国写真家協会(the Association of Photographers)やグラフィス
(Graphis)、PDN、コニュニケーションアーツ(Communication Arts)の賞をも獲得。
スチュアートの作品は、ロンドンのナショナルポートレートギャラリーやヴィクトリア&アルバー ト博物館などの常設展示と同様に
多数の個人コレクションの中にも姿を見せ、また、英デイリーテレグラフ紙(Daily Telegraph)、英インディペンデント紙日曜版
(The Independent on Sunday)、香港 タトラー誌(Tatler HK)などの出版物にも登場している。

www.stuartredler.com


ARTEMISS CONTEMPORARY www.artemiss-contemporary.com



©2011 Yellow Cube